草々草子

全略出来ればどんなによかったか。

無題

少年は液晶とにらみ合いをしていた。筆の一歩も進まないその悲しさに頭を抱えてしまいそうで、その水晶体に反射した白紙が網膜を焼いていきそうで、とっさに目を閉じるか、さもなければその端末を拳と叩き込んでしまいたくなった時、猫がキーボードの上に飛び乗った。

 

「お;:jp;mmvvsgz」

 

意味のない文字の羅列。その一文字一文字がぽろり剥がれ落ちて、猫の腹をつつき始める。痛い、痛い!叫び立ち上がると、二本足で踊り始めた。

 

「きれいはきたないきたないはきれい」

 

あっはっは!少年は驚くべき偶然に手を叩いて笑った。猫がシェイクスピアを書くのを見るとは!もっと書けもっと書け、出来るなら俺の代わりに名作を書け。

 

「うるせえ」

 

「黙れ」

 

「俺の代わりに名作をだと?代わりとはなんだ。お前はいつだって自分の頭で考え文字を書いたことがあるのか、人のものをちょろまかしては面白可笑しく冗談ばかり。盗品の博覧会を敗北者が開いているのだから始末が悪いじゃないか。後は野となれ山となれ、お前は盗んだ先に潰されるまでもなく、ジミニークリケットのその足で踏まれて死ぬ程の矮小じゃないのかね。違うかい。」

 

 小気味よい音で踊り続けるその画とは裏腹に流れ出す鉛の激流のような文章が彼に染み込んでいく。少年は自分の温度がかっと上がって、その温度差に頭の中の何か硝子じみた割れ物が音を立てて弾けるのを聞いた。もうどうしようもなかった。猫の首を絞めるとぎゅうとなり、そのあと得も言われないほどめちゃくちゃに不快な、排水溝に生ごみが詰まったような音がして、猫は動かなくなったのであった。

 

ふと少年が猫を飼っていないことに気が付くと、玄関のほうで空き缶の下げた袋の鳴る音がした。何かが出て行ったようだった。未だ煌々と熱源を演じる液晶には見覚えのない一文、「好奇心とは生きられぬ」とだけ残されていた。

喜劇-私幕 やもめ

裸すら我が人生の喪服としましょう。

普段コースチャのように小難しいようでまったく単純なことを言っています私ですが、昨今押し殺していた人間性に中身を食い破られてしまいました。大雑把に言えば私は日々に努力とやらを重ねるようになり、そして欲を抱えるようになりました。

しかし、私は報われないから私なのです。これは願望でも、まったく意味のない妄想でも陶酔でもなく、ただの経験なのです。過去私が声を荒げたり、道端に吐瀉物をまき散らしたような散文を垂れ流しても、皆さんは全く本気にしなかったことでしょう。

また冗談屋が演技に力を入れたシュールな方の冗談に挑戦してスベってやがる。と。

まあ客がいればの話ではありますが、幾度かこのふざけた...スパムより少し悪質なサイトに人間が現れた記録は残っていますので、たとえこの記事でいえば一文字目「裸」というそれを目にした途端、彼の足飛び出し裸足で逃げていき、見事記事から一文字目を盗み出された私は泣き狸寝入り。枕を濡らし幾星霜寝床を海原に、顔浮島に取り残された大きなクマが。なんて、少しは調子が出てきましたか?

私の頭の回転数に、地球がついてこない故に退屈なのです。なぜこんな早く常に回っていられるかって、それは空回りだからなのですが。死んだら置いて行かれ、生きていれば追い越していく。難しい話ですね。

今日、私は恥ずべきことをした。このブログを撃ち殺したんだ。これを君の眼中に捧げよう。

?「あなた、どうしたの?」

今に私は自分自身を撃ち殺すんだよ。こんな風に。

?「......あなた、変ったわね。」

そうだよ!君が変わったからだ。私に対する冷たい目。今だってそうだよ、鬱陶しいんだろ、私の存在が。

?「それに怒りっぽくなったし。何を言いたいんだか、ちっともわからないし、こんな(と、ブログを見て)なにこれ?ごめんなさい。全然わからない。(と、ブラウザを閉じて)ついていけないわ。」

(銃声)

早えよ。いや、観客はブラウザ閉じた時点でもういない。とまあいった次第か。

ー幕ー

本音という演技、その一幕でした。

キッチン(無し)

私がこの世でいちばん好きな場所は台所だと思う。だって、今私の家には無いから。

という事で恥ずかしげもなく、今日はお日柄も私の筆が走っているという事もあって最悪ですね。と挨拶を軽口と叩き流しましょう。そうだ、先日私のこの駄目人間という概念の言語化とも言える作業場に見える形でのお客がいらっしゃったのですが、かの人は私の自己紹介に「リアルで付き合ってみたい」と、まあ蓼食う虫に頭ずきずきと言いますか、嬉しいながらもこの世の多様性の下向き矢印の多さも考え物だと思いつつ、応援して下さる方が誰かお一人でもいるという嘘を信じることに致しましたので、全く関係は無い動機で筆を執らせて頂きます。

というのも私は最近人と全くと言っていいほど話しておらず、自分の声を忘れてはいないか、自分の文字を忘れてはいないか、ひいては日本語を忘れてはいないかという症状にまで達しました故、ここでリハビリといった次第。先月の記事?知らねえな。寝言くらいは言ったかも。といっても普段生きていて止まらないのは無意識の独り言、ベランダに落ちてきた青虫と「お前さんぷくっとしててかわいいねえ、でもちと若い。歳食ってから飛んでおいで」と外に出て目に入った木の葉に乗せた、なんて傍から見たら気持ちの悪いとしか言いようのない一幕はいつだったか、とにかく私は一人で話すのが得意で、大抵の場合それを意識していることなどありませんから、ついふと気付くと手には青虫だったり背には奇異の視線だったりを貼り付けることになるのです。奇異の視線もいつか翅と変わって私を天国へと連れて行って下さるなら歓迎ですが、どうにもそうではないみたいだし。

むしろ蝋で固めた羽を使って転落死というのも、ありかもしれません。そうと決まれば今すぐにでも来月までの生活費1500円を全額消費して私の翼を作りましょう。何か今聞き捨てもならなければ見てこなかった現実の響きがありましたが、しかしそれはそれです。宵越しどころか三途の川の渡し賃すら持たない私の姿勢が評価されるのは死後いつごろになるのでしょうね。

さて、私がこれから何を食べればいいのかと聞かれれば「ばなな」と答えてタイトルに繋げるべきなのでしょうが、いかんせん生の食品は高いですね。スーパーにバナナ味の飴などがうまくあればそれを買って食つなぐことにしましょう。息があったら、是非また。

一夜千秋物語(昔話)

つまらないから千文字程度でも読破に5年かかったような気がすることでしょう。

先に言っておくが、存外普通で何もかもつまらないぞ。

むかしむかし、19年と少しくらいむかし。世に一人の男の子が生を受けました。何のことはないふつうの子供で、ふつうに人生を終えました。終わり、と結べればどんなによかったか知れませんが、彼は子供の頃から馬鹿なりになぜか学校のお勉強だけはできたものでした。

年を重ねるごとに彼は期待を背負い、その量が愛を超えたのはいつからでしょうか。今となっては、あまり重要ではないことです。彼が隠し隠れて学校内で制服についた靴の跡を叩き消し、破壊された文房具の替えを帰り道に用意する事を別段気にすることのない日常に変えたのはいつからでしょうか。今となっては、あまり重要ではないことです。自分を虐げるあらゆる言葉を聞きながら教室で眠れるようになったのは、嘲笑の視線の多さから無視という言葉の矛盾性を考えるなど一人遊びの楽しさを受け入れられるようになったのは、友人申請や愛の告白のすべてをまず罰ゲームだと疑えるようになったのは、開いた瞳孔から入る猛烈な光の量が気にするようなものでなくなったのは、がん細胞で構成されたゴジラのように日常から「夜眠れない日」が消えたのは、今となっては全てあまり重要ではないことです。

人外を名乗る存在に傅いたような記憶もあります。この記憶は蓋を開けると大変な事になりますから、やめておきましょう。結論から言うと、私は気づけばゴミ箱にいました。物好きと恋愛をした事が何度かあります、浮気という行為が明らかになったその瞬間が、初めて自分が自分であると自覚できたような記憶もあります。生活もままならない仕送りから親へ贈り物をしたことがあります、こんなものを選ぶ暇があるならペンを走らせ勉強をして金を稼ぎ返せ、それが返礼でした。

結論、私はただの普通の人です。幸福を感じたことがあまりに少ないだけ、人より嘆かずに済む故にむしろ幸せな人間だと思います。大きな出来事に欠けドラマもない、面白みのない人生です。

あー面白くねえ面白くねえ!文章が?題材が?誰より私がだ、面白くねえ。決まってんだろが、物理的に噛まされる砂の味とか、自分の悪意あるあだ名が学級会番外で投票沙汰になったり、その当たり前が誰とも共有できないなら、私はこれから誰とも分かり合えない。教えろ、自分に価値を見出した人間たち。なあ、自分に売りにできるものがあり、人が自分に好意を持つ、なんだそれ、その条件の上に成り立つ不幸?どうしたお前。メンタルが弱った、でなく性根が捻じ曲がっただけで、病理すら持ちえない人間は、どっちだ?プラスマイナス、どっちだ。一例、氷山の一角、いくらでもこの先出てくるぞ。不幸自慢でなし、ただの幸福への羨望が。私は普通に生きていたかった、私は自慢ではないけれどいつだって笑っていられる、なぜ報われない。

その全てすら、どうでもいい。

彼はきっとそうして生きていく。もう他人事だしね。

愚さ枕

アランスミシーと申します。山田太郎ともジョン・スミスとも言いますか。何でもいいでしょう。まあ、いつもの如く例の如く龍が如く長々しく、ただオチを考えていない故の尻切れトンボであるのも相変わらず。字書きを始めましょう。

暫し、というか半年ほど字書きをしていないように皆さんには見えていたかも分かりませんが、実は義務的に文章を書く機会が多かった故にこの場所に気が向かなかったというのもありますが、実際は何のことはないただの怠け癖です。流石に勘も鈍るというものですが、頭からあふれ出す馬鹿の煮汁を立て板に流すような勘があったところで何だというべきですね。

いやまったく智に働ければよかったのでしょうが、角も無くころころと転がり回る口など無い方がマシ、掉さす情の奔流は既に枯れ、ついでに万骨も尽き、通す意地は裁縫糸のような細さで先もばらばらに解けているような私は、人の世が住みにくいどころか家賃未払いで追い出されそう。ただ一つ部屋いっぱいに溜まった不良在庫の愛想をぽかんと眺めて思う事は、きっと差し押さえられてもいくらにもならないという絶望。おや、まだ残ってた絶望。存外ヤフオクで高く売れるんですよ。愛よか。手持ちを売るだけの生活、言葉を捻り出すような余裕が無いのがお判りでしょうか。これですか?人間は脱水になればなるほど体内塩分の調節のための尿の生成が活発化するそうですよ。

辛うじての私の人間証明が終わったところで、正直なところ夏目漱石にそこまで傾いている訳ではなく、ただ試験の課題図書で斜め読みをした程度なのですと今回があまり面白くなく文字の流れが滞っている言い訳を。ああ、斜に構えた私が斜め読みとは、角度によっては真っ直ぐになりそうなものですね。他の題材は無いのかって、何故なら本を読まないのです。5畳の部屋に私の頭の中よりか少しは高尚くらいな300gを沢山並べていたらきっとその意味の無さに気を狂わせてしまいます。まあ映画ならば題材に心当たりが無いわけではありませんが、言い訳を言いたい気分の時もありましょう。

しかし中々、この馬鹿馬鹿しさに懐かしさを感じなくもありませんね。筆が多少運動不足ではありますが、しかし筋肉痛というか、もう私に芽吹いた頭痛は多年草ですから、ずきずきとほおずきのように大きな実をまた付けては落ちた勢いで私を押し潰し、万有引力を閃くその隙すら与えないことですし、無理をして文字書きをしたところで普段と変わるところではありませんね。こうして出来上がった文章、いざ読むとちぎれ途切れにその憐れ、いつか路上で解剖された烏を見た時のよ...「それだ、それだ、それが出れば画になりますよ」

うるせえなお前、誰だよ。

吾輩はエゴである

いつか初めての言葉遊びに使ったような気がしますね。それではおよそ皆さんのご想像のつきます通り「名前はまだ無い」と始めましょう。

さてにゃあにゃあと鳴けば人が寄ってきます猫とは違いまして、私がどれだけ大きな声で叫ぼうと見向きし通報はすれど自ら近くに来るような人間はおりません。実は先日よりこうして冗談の切り売りをする隙を伺ってこそいたのですが、何分、前回はどの面を提げどこから説教を垂れているのか自分でも良く分からぬような一人芝居をしてしまった故に、赤面も赤面。今時そんな下品な赤は売女にだって出せまいと翌日の私に太鼓判を貰い、風の噂にその酷い台詞回しと演技、それに内容から近所ではド健常大根と詰られていたと聞きます。流石に嘘です。

そんな自分で完食した空の食器に「死ね」と言われていると錯覚するような日常を送る私の頭はさながら荀彧といったところでしょうか。しかし今日のところは頭を絞りに絞りついに志高く「かくか」と思い立ち筆を持てば、ひょいと張飛が顔を覗かせました。頼むからそこの猫と一緒に酒に溺れて死んでいてはいくれないか、と宥め賺して何とか筆を歩かせ歩かせ、やけに重たいのを不思議に思い「今日のお前は何だ」と聞けば「俺は筆武将である、重いは当たり前よ。先日貴様の着せた思いの槍甲冑、忘れたとは言わせぬぞ」と返される始末。畜生め。

元より名折れ無く、折る筆既に私より強く、馬鹿も休み休みが良い。昨日の私は全く私にどうしろと言うのか。角にも兎にもまた書くにも、斯くまでに頭掻き出るのは「ぎゃあ」「ぎゃあ」ばかり。ここまで読んだ方はいつにも増して私の言葉の乱調、散文と言えと散らかり方甚だし、ついに気でも狂いおったかと察しの事でありましょうが、しかし私の精神は依然安らか明鏡止水、魑魅魍魎の血の池は今も「しいん」と骨残らず私という存在を溶かし切り、一度売り出せばお釈迦様も即断で物件をお決めなさる程度に定まっています。では何故こんなにも「字書き」という文化そのものに中指を立てたかのような文章になっているかと言えば別に理由はなく。まあきっと、暫く振り故に手綱の引き方を忘れた、とか。誰も見ていないと思って大暴れをしている、とか。そんなところでどうでしょうか。

甕の水は抜いておいたので、猫は酔えども生きています。おっと忘れていた、張飛の首がない。あーあ。と、激情を喪いついでに劇場も取り壊しましょう。自由に、また自由に冗談を。なあ猫よ。

hamletにて(弱き者、汝の名はメンヘラなり)

hamlet→小さな村,村落,集落.⇒COMMUNITY【類語】

ということで、この場所が心地が良くて仕方がない私が適当なことを言いますが。先に言っておきます、私は弱者でもメンヘラというものでもありません。私は病人にすらなれない程度の強さを持って生まれてしまった中途半端にズレた人間ですし、それ故に生じる誤解については先ず、私がタイトルにて前述した云々。それは誰への煽りでも中傷でもなくただの3秒で考え捻くれ捩じった大見出しである事を明らかにしておきましょう。そして私はシェイクスピアの作を一切読みも観劇もしたことはありません故、その辺りもどうか頭に置いて頂ければ。

さて、本題に入りますが、人々が自らの弱さを切り売りし、それによってコンテンツを創作し、また自らをコンテンツとして昇華しようとする生粋の被消費者精神を持った方々が最近増えているように思えます。果たしてそれは強さや感性といったものと違い、人間が生まれ持ったものである弱さに直接訴えかけるものであるが故に多くの人の心に楽に響くのでしょう。しかしこれだけ人間によく響く題材であるにも関わらず何故、弱さを軸に置いたコンテンツは過去流行しなかったのか。それはとても簡単であり、弱さは常に社会において長生きせず、世に出る前に肝心の筆者の心が強くなるか、折れるかの二択に迫られてしまうからに他なりません。日の目は弱さを嫌います。

しかしながら今の時代はこのように金が無くとも、説得力など皆無だとしても、こうして文字を書きそれを発信することが出来ます。弱さをそのまま相手に発信することが出来る時代になりました。それ自体の是非を問うことは私の立場からは出来ません。ただ事実として、先に述べたように弱さは長生きしない事が前提なのです。ものを書くという行為は、私のような冗談屋は違うにしろ、基本的に大なり小なり社会性を帯びています。そして弱さは社会に攻撃されるものであるという事は、俗にメンヘラなどと診断、呼称されている人々からすれば眠っている間ですら頭から離れない事実。故に弱さというコンテンツは攻撃される事が前提であり、弱さゆえに崩壊する事すら前提になってしまうものなのです。

私は攻撃する立場をとっている訳ではありませんが、しかしものを書いた以上無差別級の土俵に上がってしまったも同然であり、弱さを提げて登場したならばいい的であるのは容易に想像出来るでしょう。世の中には花の茎を悪意をもってへし折り、意図的に虫を踏み潰す人間がいることもお忘れなく、そしてこれは私一個人の感情で申し訳ありませんが、筆は折るものでなく置くものだ。読者を泣かせるならば最初から書くんじゃねえ。以上。