読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

草々草子

全略出来ればどんなによかったか。

野に開く穴のように

ぼ、ぼくは、おにぎりは別にそこまで好きじゃないんだな。

だからぼくがどぶねずみだからって、穴におにぎりは転がさないで欲しいんだな。

どうも、齢18にして現代のエドモン・ダンテスこと何某です。彼と違うのは、この薄暗い岩窟から出たところで伯爵を名乗るわけでも、誰に復讐するでもないと言うこと。あえて復讐するなら自分にかな。さて、今日も深淵からお送りします。といっても私には既に語ることがありません。というわけでいつも通りよしなし、よしなに。

朝起きてまず気付いたのは今日が仏滅だということ。私がふと起きてカレンダー見たときは仏滅だと相場が決まっています。ということで今日の昼食は精進料理に、それでいて少し豪勢にと。その名も捻らず安直に「仏滅カルナバル」。イエスとブッダがクロスカウンターを決めているような風景が浮かんできますが、この後謎の覆面レスラームハンマドが乱入して来て無効試合になるので安心してください。いつかの日この文章が世界大戦の引き金にならないことを祈りつつ、冷や汗が止まりません。

出来上がったのは冷や奴と油揚げの煮物、玄米雑穀。以上。カラーデザイナーが見れば発狂する程の彩りのなさではありましたが、とても美味しゅうございました。...まだまだ成長期真っ盛りの少年として本音を言えば、動物性タンパク質が欲しくてたまらないです。今なら私が頭を丸めた副産物として出た大量の髪の毛を出汁で煮込んで貪り食えましょう。その姿といったらまさに獣、そして獣となってしまった私自身の髪を食らった私は即破門。ただのマルコメ姿の冴えない少年だけが残され、その光景は現代におけるウロボロスのモデルとして歴史に名を連ねるのです。その名前がどこにも存在しませんが。

失礼、先日宣言通り鑑賞したハンニバル・ライジングが未だ思考に残っているようでいけません。次に気になっている映画は「ティファニーを朝食で」でしたか。多分カニバリズムの映画だと思うのですが、それはまた今度観ることを誓うとして。今日私がこの生活で得たことと言えば、私が夕方時に文字を書くと世界大戦や人類禁忌の引き金になりかねないと言うこと。明日からは深夜に戻ります。

一人で作った砂製のお山の大将より哀をこめて